スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    マンション販売 堅調

    2014.02.14 Friday

    0
      首都圏のマンション販売が堅調だ。不動産経済研究所(東京。新宿)が13日まとめた1月の発売戸数は、前年同月比6.1%増の1826戸だった。消費増税に伴う特例措置が終了した昨年10月以降も、伸び率は鈍っているものの前年を上回って推移している。今後も住宅ローン減税の拡充などが需要を下支えしそうだ。首都圏の発売戸数は9カ月連続で増えた。伸び率は10〜11月の2割からは鈍化したが、経過措置終了後に大幅に落ち込んだ1997年の増税時に比べると堅調だ。売れ行きを示す契約率は78.6%と、好不調の分かれ目となる70%を上回った。住友不動産の坂本善信取締役は13日の決算発表で「ローン減税拡充の効果で増税前の駆け込み購入や反動減は出ていない」と強調した。同社は今後、東京。晴海や再開発が進む川崎市の武蔵小杉駅周辺で大型物件を売り出す計画。東京建物は2013年12月期に1902戸を売り上げに計上。前の期に比べて7割近く増えた。豊島区役所と一体開発した高層マンションは7週間で完売した。近畿圏の1月の発売戸数は21.4%減の718戸となり、1年ぶりに1千戸を下回った。大手不動産が中心の首都圏に比べて中堅不動産なども含めた販売競争が厳しくなっている。駆け込み購入の反動も出ている。首都圏では郊外の販売減速を懸念する声が一部で出ている。埼玉県の1月の発売戸数は前年同月に比べて8%近く減り、契約率も6割程度にとどまった。コンサルティング会社のトータルブレイン(東京・港)は「都心に比べ購買力が低いため、価格の上昇に消費者がついてこない」と指摘する。今後は郊外の需要動向が焦点になりそうだ。

      日本経済新聞の記事より抜粋


      首都圏特に東京あたりでは2020年オリンピックが開催されることもあり動きが活発ではありますが、岡山も災害が少なく気候が安定していることもあり注目されていますき
      中古マンションも新築マンションと比べると比較的安価のためリフォーム・リノベーションなど手を加えることも考えて検討している若い層の方もいらっしゃるとのことですひらめき
      今回の記事のような外部要因での影響もありますが、今後の動向にも注目ですエクステンション

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL