スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    GE、日本で太陽光発電

    2014.03.29 Saturday

    0
      岡山で国内最大、18年稼働

       米ゼネラル・エレクトリック(GE)は日本で大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業に参入する。岡山県に国内最大の施設をつくり
      2018年に稼働させる。発電能力は先行するソフトバンクなどの大型計画の2倍。発電関連設備を日本で本格販売する足掛かりとする。GEと東芝など日本勢との受注競争が激化すれば電力料金の低威にもつながりそうだ。
       政府が策定中のエネルギー基本計画は再生可能エネルギーの比率を30年に23割まで引き上げる方向だが現時点で1%。GEは欧米で8カ所、計90万キロワットの太陽光発電設備を持ち開発力も高い。海外で豊富な実績を持つGEの参入は日本の再生エネの普及を後押しすることになる。
       GEはメガソーラーを岡山県瀬戸内市に建てる。国内投資会社くに11アセットマネジメントが設立した運営会社の株式の過半をGEが取得する方向。発電能力は23万キロワットの原子力発電所の4分の1に相当し約8万世帯の使用量を賄える。総事業費は約800億円。GEは100億〜200億円を負担する見通し。
       国内メガソーラーは現状11万キロワットが最大。豊田通商と東京電力の連合、ソフトバンクがそれぞれ15年に稼働予定だ。
       GEはメガソーラーの電力を効率よく制御する設備を納める。こうした設備は建設費の2割を占める。GE製を使えば電気のロスが減り家庭などへの送電量が増える。
       再生エネの買い取り価格は発電設備のコストで決まる。現在、電力制御設備の国内市場の約9割を東芝三菱電機産業システムなど日本勢で占める。受注競争が激しくなれば建設費が下がり発電コストを抑えられる。



      日本経済新聞より抜粋

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      当社でも去年25年度に牛窓にソーラー発電所をオープンしました。
      現在マンションの屋上に太陽光パネルを設置しマンション内で使う電気を賄いその費用分所有者の方の負担を減らすことなど
      色々な場面で太陽光発電が注目されています
      ひらめき
      記事にもあるように岡山で国内最大の施設ができるということで日本だけでなく世界から岡山が注目されていることはとても嬉しいことですき
      2018年度の完成が楽しみですonpu03


       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL