スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    リフォーム会社選びやすく 国が「お墨付き」

    2014.06.05 Thursday

    0
      リフォーム会社選びやすく国が「お墨付き」〜

       国土交通省は消費者が優良な住宅のリフォーム会社を選びやすくする新たな仕組みをつくる。会員企業の人材育成や消費者への情報提供に力を入れるリフォーム会社の業界団体に、国が「お墨付き」を与える登録制度を今秋をメドに始める。個人が安心して改修工事できる環境を整え、リフォーム市場の活性化につなげる。

       4日に一般への意見公募を始め、制度設計を詰めたうえで秋ごろから登録申請を受け付ける。

       登録できるのは、原則として100社以上のリフォーム会社が参加し、設立から2年以上活動している業界団体だ。会員企業に対している業界団体だ。会員企業に対して工事技術の向上や消費者保護の研修を定期的に実施したり、消費者向けの相談窓口を設置したりすることも要件となる。会員企業には、契約時などの書面交付や一定規模の工事における瑕疵(かし)保険への加入などを求める。

       国交省は毎年、活動内容をチェックする。登録は3年に1度の更新制。消費者の利益を損なう問題が起きれば業務改善の勧告をしたり、登録を抹消したりできるようにする。国交省は登録制度を導入で消費者の利便性が増し、トラブルの抑止にもつながると期待する。



      平成26年6月4日(水) 日本経済新聞の記事より抜粋

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       近年中古物件の流通が活発化しているなかで、自分好みに室内を改修する「リノベーション」や室内を元通りの状態に近づける「リノベーション」が注目されていますが、今後実施されていく中でトラブルを抑止していく必要があるかと思います
      ひらめき
       国交省が上記のような制度を導入すれば、中古物件を検討している方にも安心してプランを考えていただくことができるので今秋以降の動きに注目ですエクステンション
       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL