スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    来月の住宅ローン金利の動向について

    2013.09.27 Friday

    0

       来月の大手銀行に住宅ローン金利を引き下げる動きについて。
      消費税増税前の駆け込み需要を取り込む狙いです。

       三菱東京UFJ銀行が、10月の住宅ローン金利について、人気の高い固定10年型を0・05%引き上げ、年1・55%とすることを決めました。

       みずほ銀行は10月から、期間10年の固定金利ローンについて、現在よりも0.05%低い、年1.5%に引き下げる方針です。
      また、三井住友信託も0.05%引き下げ、年1.2%とします。
      住宅ローン金利を巡っては、参考指標の長期金利が下落していることに加え、消費税増税前の住宅購入の駆け込み需要を取り込むのが狙いで、8月以降、引き下げの動きが広がっています。

      ニュースより抜粋



      金利競争が激しい大手銀行で対応が分かれました。
      しかし、住宅ローン金利と連動する長期金利は低下している状態である。
      現在金利も低く、住宅ローンが借りやすい今だからこそ
      購入を検討されている方、是非
      ウェーブハウスにご相談ください。
      専門的なこと、分かりにくいこと当社の営業マンが分かりやすく説明いたします。


      不動産売却王 岡山
      ウェーブハウス

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする