スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    育児向けに空き家改修 〜国交省 費用助成で賃貸促す〜

    2014.10.06 Monday

    0
       国土交通省は、地方自治体が一戸建ての空き家を子育てしやすいように改修し、育児世帯へ貸し出す取り組みを促す。
       来年度から子供の事故を防ぐ内装工事も費用助成の対象に加える。全国で増加する空き家を有効活用し、子育て世代が安心して暮らせる一戸建て住宅を充実させる。
       高齢者や障害者など配慮が必要な世帯に対し、国が住宅の改修費用の約45%を助成する「地域優良賃貸住宅制度」を活用する。
       民間が建設した物件を地方自治体が建設した物件を地方自治体が借り受け、改修する場合が対象。現行制度では手すりの設置や段差の解消といったバリアフリー化などに使途が限られていた。
       国交省は指を挟まない建具や滑りにくい仕上げ材を使うなど、子どもの事故を防ぐための内装工事も来年度から助成対象にすることを決めた。このほか補助錠を取り付けて防犯性を強めたり、住宅の断熱性を高めたりする工事への費用助成も検討している。


      2014年10月6日(月) 日本経済新聞の記事より抜粋

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      以前の記事でも取り上げましたが → コ チ ラ
      空き家の有効活用が今注目されていて国交省もこのような制度を模索しているので
      今後注目されると思います。
      来年度から始まる内装工事・その他費用の助成に対しても助成することを決めたので住む方・生活する方にとってもとても魅力的な制度だと思います
      ひらめき
       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL