スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    天満屋ストア 移動販売 〜まず岡山市内 とくし丸のFCに〜

    2014.10.09 Thursday

    0
       天満屋ストアは8日、移動販売事業に参入すると発表した。移動スーパーを手掛けるとくし丸(徳島市)とフランFC契約を締結、岡山県内で展開する。小型トラックに商品を積み、買い物に行くことができない高齢者の居宅を訪問して商品を販売する。
       まず2台のトラックを用意、岡山市内で営業を始める。
       生鮮食品や日用品を1台に300〜400種類、約1千点積んで販売する。訪問を希望する高齢者向けに週2回程度巡回する。身体的理由などから交通の便が悪い山間部だけでなく都市部でも買い物ができない高齢者が増えている。また、商品を見ずに買う宅配サービスなどに抵抗がある消費者も多く、需要は強いと判断した。
       定期的な異動販売を通じて防犯のための声かけや見守りなども自治体と協力して取取り組む。


      2014年10月9日(木) 日本経済新聞の記事から抜粋

      現在、岡山市内の5人に1人が65歳以上の高齢者であり、そのうち約2割が要支援・要介護の高齢者です。
      また、一人暮らし高齢者が約2万人、高齢者のみの世帯に属する方も約4万人となっています。

      このように高齢化が進む中で記事のようなサービスはとてもありがたいですよね。
      料理はできてもスーパーに行く手段がなかったり、行くにしても毎度タクシーだと費用も掛かってしまいます。
      最近では、インターネットで生活必需品をそろえるケースもありますが、そもそもネット環境が整っていなかったり、インターネットに何かしらの不安を持っている方は直接目で見て選びたいという方もいますのでこのようなサービスが広がればよいなと思います。

       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL