スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    <再生エネ買い取り>15年度価格案 事業用太陽光20円台

    2015.02.24 Tuesday

    0
      再生可能エネルギーの買い取りを電力大手に義務づける固定価格買い取り制度を巡り、経済産業省の有識者委員会(委員長・植田和弘京大教授)は24日、2015年度の買い取り価格案をまとめた。
      事業用太陽光(発電能力10キロワット以上)は今年度の32円を7月から27円に引き下げる。住宅用太陽光(10キロワット未満)も4月から2〜4円安くする。いずれも3年連続の引き下げ。

      普及の遅れている風力、中小水力、地熱は据え置き、買い取り対象の再生エネが太陽光に集中している現状の是正を図る。国民からの意見公募を経た上で、3月中に正式決定する。
      事業用太陽光については、発電量の増加などでコストが下がっているとして、まず4月に29円に引き下げる。再生エネ普及のため事業用の買い取り価格を高めに設定する期間が6月に終わるため、7月に再値下げする。過去最大の下げ幅で、買い取り価格は当初の40円から約3割下がる。太陽光の拡大ペースが鈍る可能性がある。

      住宅用太陽光も、発電パネルの値下がりを踏まえ、東京、中部、関西の大手電力3社の営業地域で33円に引き下げる。大手3社以外の地域は4月以降、新規買い取りの申請者に、電力会社の指示に応じて発電量を抑える機器の設置が義務づけられるため、その分のコストを上乗せして、35円とした。

      太陽光以外の買い取り価格は据え置く。ただし、間伐材を燃やして発電する木質バイオマスは、発電能力2000キロワット未満の枠を新設し、従来の32円より高い40円で買い取る。木質バイオマスの買い取り価格はこれまで5000キロワット規模を想定して計算していたが、木材を集める地域が半径50キロに及び、全国的な普及が難しいため、小規模な発電設備の導入を促すことにした。

      再生エネをめぐっては、太陽光への参入が集中し、送電網の能力を超えるなどとして大手電力による受け入れ停止の動きが相次いだ。


      2015年2月24日(火) 毎日新聞の記事より抜粋

      年々買い取り価格が下落している太陽光ですが、記事にもあるように発電量の増加などでコストが下がっている点など企業の努力によって効率良く電力を確保できるシステムができましたひらめき
      それに際し参入が集中し買い取り等の受け入れの停止が相次ぎました汗

      どの業界でも参入が多く入ると競争が激化し価格競争やサービス(品質)向上などになりますエクステンション
      太陽光発電についても広く一般の方に知られるようになったのでまた新たなサービスが出てくることを期待しています矢印上

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL