スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    企業の移転促進〜地方雇用・賃上げダブルで税優遇〜

    2015.09.03 Thursday

    0
      企業の移転促進〜地方雇用・賃上げダブルで税優遇〜

       政府は企業の地方移転を促す税制で、2016年度から賃上げした企業への優遇を拡充することを検討する。地方での雇用を増やして受ける税優遇に加えて、賃金を上げた場合の優遇措置も同時に受けられるようにする。地点を多くすることで、地方移転を増やし、政府が掲げる地方創生につなげる。
       年末に与党がまとめる税制改正大網に盛り込むことを目指す。15年度に始まった「地方拠点強化税制」は、東京23区から本社機能などの一部を地方に移した場合に利用できる。
       現行制度は投資減税として地方での事務所の取得額などの7%を法人税額から控除できる。さらに「雇用促進税制」として雇用者が増えると1人あたり最大80万円を税額から差し引ける。
       16年度からは従業員の賃金を増やした企業向けの「所得拡大促進税制」も併せて利用できるようにする。これまで所得拡大促進税制は投資減税との併用は可能だったが、雇用促進税制とは併用できなかった。
       所得拡大促進税制は従業員への給与支払いを一定額以上増やす条件を満たした企業に、給与増加額の10%を法人税から差し引ける。13年度は1万社が活用した。14年度以降も活用が広がっているとみられ、さらに後押しを狙う。

      2015年9月3日(木) 日本経済新聞の記事より抜粋
      ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

      メディアでも注目された「ベア」に対する制度が拡充されるようですき
      この賃上げをすることによって一般家庭の生活が豊かになれば、住宅ローンの金利も上がる可能性があります。
      私たちの生活に直結している指標として短期プライムレートと呼ばれるものがありますが、この変動によって住宅ローンの変動金利が決まっているケースもあります。
      ただ、賃上げをしただけではその分税金を取られてしまうと本末転倒になりかねません汗
      それに対する対策として今後の動向に注目して行こうと思います矢印上

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL