スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    建材店、新会社で5割増 〜LIXILリフォーム需要対応〜

    2015.09.10 Thursday

    0
      建材店、新会社で5割増 〜LIXILリフォーム需要対応〜

       LIXILは建設業者向けの会員制建材店事業を10月に事業分離し、新会社に移管する。中長期的に新築需要の縮小が見込まれる一方で、小口の建材販売が必要なリフォームが伸びている。工事の担い手になる業者向けの建材販売の市場も成長する見通し。新会社はユニゾン・キャプイタル系から出資も受けて出店を強化し、5年後に店舗数を1.5倍に増やす。
       新会社「建デポ」にはユニゾン・キャピタルのファンドが過半数を出資し、LIXILが残りを出資する。元クラシエホールディングス社長の小森哲郎氏を社長に招く。
       建デポは石こうボードや木材、住宅設備など工事用資材を約3万点扱う会員制で約60万人の顧客がおり、売上高は308億円全国で64店舗を展開する。新会社設立を機に出店を拡大し、2020年までをめどに30店舗新設する。
       新築ではハウスメーカーや工務店が一括して資材を調達するが、リフォームは物件によって必要な資材が異なるため、施工業者などが個別に資材を調達する必要がある。


      2015年9月10日(木) 日本経済新聞の記事より抜粋

      -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


      本日の新聞にリフォームのことについての記事が載っていましたひらめき
      岡山でも新築の資材等が高騰しており、中古不動産をリフォーム・リノベーションし再生して使うことに対し以前より抵抗がなくなってきましたき
      2020年までに国家戦略として中古流通市場を倍増していくという動きに乗りたいながらも現状はまだまだほど遠い状態です。
      ただ、記事にもあるようにその市場は確実に伸びてきていますエクステンション
      ご来店いただくお客様が最大の満足を得られるような提案をさせていただければと思っておりますkyu

      ご購入・ご売却を検討している方はウェーブハウスにご相談下さいエクステンション


      不動産売却王 岡山
      ウェーブハウス

       


       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL