スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ガソリン5年ぶり安値

    2015.11.06 Friday

    0

      ガソリン5年ぶり安値〜9月連休の反動、需要は鈍く〜

       ガソリン価格が5年ぶりの安値となった。資源エネルギー庁が5日に発表した11月2日時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均
      )は1リットルあたり132.7円で、前週比1円安かった。東s日本大震災前の2010年11月29日の132.5円依頼の水準を付けた。10月半ば以降の原油安が遅れて波及したのに加え、給油所間の競争もあり今年の最安値を更新した。
       5日発表のガソリン価格は2週間のガソリン価格は2週連続で下落し、7月に付けた高値から12円安い水準となった。原油価格は一般的に数週間遅れて、給油所の店頭価格に反映される。指標となるドバイ原油は、10月の高値から10月下旬まで1割強下落した。
       高知県など45都道府県が値下がりとなった。首都圏も安値圏にある。千葉県船橋市史など国道16号沿いの最近のレギュラー価格は1リットルあたり119円〜122円程度。東京都世田谷区などの環状8号沿いは、118〜126円で前週から3円程度下がっている。滋賀県は値上がり、和歌山県は横ばいだった。
       価格は下がったが、需要の伸びは鈍い。石油連盟によると、10月25〜31日の元売りなどからのガソリン出荷量は90万6000キロリットルと、3週連続で前年同期を下回る。夏や9月の大型連休で販売が好調だった反動が出た面もある。
       神奈川県の給油所「10月以降は客足が減った」と話す。都内のの給油所は「給油所が厳しくなっている」としており、価格の引き下げに結びついている。
       10月末以降、原油は小幅に上昇し、業者間の転売価格は下げ止まってきた。伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリーの伊藤敏憲氏は「来週のガソリン価格は小幅に上昇する」とみる。店頭価格は11月下旬にかけ上向く可能性がある。年末に帰省シーズンを迎えることも需要を底堅くする。

      2015年11月6日(金) 日本経済新聞の記事より抜粋

      ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

      本日の日経新聞に嬉しい記事が掲載されていました
      エクステンション

      10月、11月は紅葉のシーズンなので車に乗ってドライブをしながら紅葉を見に行ったり、気温も朝晩は寒いですが、日中はとても過ごしやすい季節なのでドライブにはぴったりの時期ですねひらめき

      記事にもありますが、年末の帰省ラッシュと被るので車を使う方にとっては嬉しいですね矢印上

      住宅ローンの金利同様市場の動きに合わせて変わるので市場の動向にも注目して以降と思いますkyu

       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL