スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    住宅ローン借り換え2.5倍〜2月マイナス金利受け〜

    2016.03.04 Friday

    0
      住宅ローン借り換え2.5倍〜2月マイナス金利受け〜

       日銀のマイナス金利政策を受け、住宅ローンの借り換えが急増している。三井住友銀行など主要8行の2月の借り換え申込件数は約2万8千件で、前年同月比2.5倍に増えた。各行が住宅ローン金利を過去最低水準に引き下げたため。マイナス金利政策の筧への影響が鮮明になってきた。
       集計したのは三菱東京UFJ銀行をのぞく主要8行(三井住友、みずほ、りそな、三井住友信託、新生、住信SBI、ソニー、イオン)の借り換え申請件数。1月と比べても4倍に増えた。


       新規は2割増

       借り換えと新規を合わせた全体の申込件数は約6万8千件で、前年同月比5割増えた。新規は2割増の約4万件で、借り換えの急増が全体の伸びをけん引した。
       各行の住宅ローン金利は過去最低を更新せいている。一般的な10年間固定型最優遇金利は3メガバンクなど大手銀で年1%を大きく割り込んだ。半年ごとに金利を見直す変動型では住信SBIやソニー、イオンなどが年0.5%台にしている。
       借り換えに伴い保証料などの諸費用が必要になるため、単に金利が下がったからといって借り換えて得をするとは限らない。諸費用は一般的に50万〜70万円。「ローン残高が1000万円以上」「返済期間が残り10年以上」「借り換えるローンとの金利差が年1%以上」のいずれかに当てはまる場合、借り換えのメリットが生じる可能性があるとされる。借り換えると月1万〜2万円程度負担が減ることもある。


       変動型に波及も

       借入残高の1%が10年間税額控除で戻ってくる住宅ローン減税を組み合わせると、最初の10年は支払利息より控除分の方が多くなり、事実上のマイナス金利と言える例も出る。ただ11年目からは大幅に返済負担が増えるため「減税期間後に一括繰り上げ減殺しない限り、最終的にマイナス金利になることはない」(ファイナンシャルプランナーの宮崎勝己氏)。
       今後の住宅ローン金利に大きく影響しそうなのが、企業向け短期融資の最優遇金利である「短期プライムレート(短プラ)」。変動型の住宅ローン金利を決める際の指標になっているためだ。
       主要行の短プラは日銀のホームページなどに掲載されている。2009年1月から主要行の水準はおおむね年1.475%で据え置かれており、マイナス金利導入後も変わっていない。この水準が変われば、変動型の住宅ローン金利が一段と下がる可能性がある。

      2016年3月4日(金) 日本経済新聞の記事より抜粋

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      本日の日経新聞の3面に大きく取り上げられていましたエクステンション
      実際過去にご購入いただいたお客様からもご連絡いただき相談に乗っておりますひらめき
      記事にもあるように現在住宅ローン金利が最低水準で推移しており、今購入を検討されている方はもちろん借り換えを検討されている方には非常に良い時期ですよね矢印上
      メリットが出る条件も明確になっており一度検討してみるのもいいかもしれませんねエクステンション

      銀行によって保証サービスなどは多彩にあるのでご自身が入られている保証内容等も確認し、借り換えしたけども前と同じ保証内容ではなかったなどそれによって将来的にデメリットになる場合もあるかと思いますのでしっかり担当の方とお話しすることをおススメしますエクステンション

      変動金利を選択されている方も、記事にあるように短プラの動向によって金利が一段と下がる可能性がありますひらめき
      短プラは私たちの市場にとても近く、物価や給与など自身の周辺状況に上向き傾向が出てこないければなかなか上がらないことが一般的ですき


      このような動向も見ながら不動産のご購入・ご売却を検討している方はウェーブハウスにご相談下さいエクステンション

      不動産売却王 岡山
      ウェーブハウス

       

      スポンサーサイト

      2018.09.23 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL