スポンサーサイト

2018.09.23 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    住宅ローン借り換え2.5倍〜2月マイナス金利受け〜

    2016.03.04 Friday

    0
      住宅ローン借り換え2.5倍〜2月マイナス金利受け〜

       日銀のマイナス金利政策を受け、住宅ローンの借り換えが急増している。三井住友銀行など主要8行の2月の借り換え申込件数は約2万8千件で、前年同月比2.5倍に増えた。各行が住宅ローン金利を過去最低水準に引き下げたため。マイナス金利政策の筧への影響が鮮明になってきた。
       集計したのは三菱東京UFJ銀行をのぞく主要8行(三井住友、みずほ、りそな、三井住友信託、新生、住信SBI、ソニー、イオン)の借り換え申請件数。1月と比べても4倍に増えた。


       新規は2割増

       借り換えと新規を合わせた全体の申込件数は約6万8千件で、前年同月比5割増えた。新規は2割増の約4万件で、借り換えの急増が全体の伸びをけん引した。
       各行の住宅ローン金利は過去最低を更新せいている。一般的な10年間固定型最優遇金利は3メガバンクなど大手銀で年1%を大きく割り込んだ。半年ごとに金利を見直す変動型では住信SBIやソニー、イオンなどが年0.5%台にしている。
       借り換えに伴い保証料などの諸費用が必要になるため、単に金利が下がったからといって借り換えて得をするとは限らない。諸費用は一般的に50万〜70万円。「ローン残高が1000万円以上」「返済期間が残り10年以上」「借り換えるローンとの金利差が年1%以上」のいずれかに当てはまる場合、借り換えのメリットが生じる可能性があるとされる。借り換えると月1万〜2万円程度負担が減ることもある。


       変動型に波及も

       借入残高の1%が10年間税額控除で戻ってくる住宅ローン減税を組み合わせると、最初の10年は支払利息より控除分の方が多くなり、事実上のマイナス金利と言える例も出る。ただ11年目からは大幅に返済負担が増えるため「減税期間後に一括繰り上げ減殺しない限り、最終的にマイナス金利になることはない」(ファイナンシャルプランナーの宮崎勝己氏)。
       今後の住宅ローン金利に大きく影響しそうなのが、企業向け短期融資の最優遇金利である「短期プライムレート(短プラ)」。変動型の住宅ローン金利を決める際の指標になっているためだ。
       主要行の短プラは日銀のホームページなどに掲載されている。2009年1月から主要行の水準はおおむね年1.475%で据え置かれており、マイナス金利導入後も変わっていない。この水準が変われば、変動型の住宅ローン金利が一段と下がる可能性がある。

      2016年3月4日(金) 日本経済新聞の記事より抜粋

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      本日の日経新聞の3面に大きく取り上げられていましたエクステンション
      実際過去にご購入いただいたお客様からもご連絡いただき相談に乗っておりますひらめき
      記事にもあるように現在住宅ローン金利が最低水準で推移しており、今購入を検討されている方はもちろん借り換えを検討されている方には非常に良い時期ですよね矢印上
      メリットが出る条件も明確になっており一度検討してみるのもいいかもしれませんねエクステンション

      銀行によって保証サービスなどは多彩にあるのでご自身が入られている保証内容等も確認し、借り換えしたけども前と同じ保証内容ではなかったなどそれによって将来的にデメリットになる場合もあるかと思いますのでしっかり担当の方とお話しすることをおススメしますエクステンション

      変動金利を選択されている方も、記事にあるように短プラの動向によって金利が一段と下がる可能性がありますひらめき
      短プラは私たちの市場にとても近く、物価や給与など自身の周辺状況に上向き傾向が出てこないければなかなか上がらないことが一般的ですき


      このような動向も見ながら不動産のご購入・ご売却を検討している方はウェーブハウスにご相談下さいエクステンション

      不動産売却王 岡山
      ウェーブハウス

       

      「フラット35」金利、最低の年1・25%

      2016.03.02 Wednesday

      0
        「フラット35」金利、最低の年1・25%

        住宅金融支援機構は1日、長期固定型住宅ローン「フラット35」の3月の適用金利を発表した。

        返済期間35年以下(融資率最大9割)は、取扱金融機関の最低金利が前月より0・23%下がって年1・25%となり、過去最低を更新した。日本銀行が導入したマイナス金利政策で長期金利が低下したことを反映した。不動産や金融業界などでは、住宅の購入を検討する人が増えるとの期待が高まっている。

        フラット35の金利低下は3か月連続となる。2003年に制度が始まり、これまで15年2月の年1・37%が最低だった。

        返済期間20年以下の住宅ローンも、最低金利が前月比0・19%下がって年1・02%と、過去最低になった。

        フラット35は、金利を最長35年固定する住宅ローン。全国約330の金融機関が取り扱い、適用金利は金融機関によって幅がある。同機構によると、マイナス金利の導入後、問い合わせが増えている。全住宅ローンの新規貸出額のうち、1割程度を占めるという。

        2016年3月2日(水)住宅金融支援機構のHPより抜粋

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        フラット35の金利が過去最低を更新エクステンション
        昨年2月に1.37%でも低いなと思っていたのですが今回の金利には驚きました汗

        条件はもちろんありますが、中古物件の場合は当初5年間は0.3%の優遇がさらに適用になり0.95%ひらめき

        住宅ローンについてもウェーブハウスまでご相談くださいき

        お客様の状況をお伺いし最適な金融機関をご紹介させていただきますonpu03

        住宅ローン金利下げ〜大手4行、10年固定0.8%〜

        2016.03.01 Tuesday

        0
          住宅ローン金利下げ〜大手4行、10年固定0.8%〜

           三井住友銀行とりそな銀行は29日、3月適用分の住宅ローン金利を引き下げると発表した。10年固定型の最優遇金利は2月から0.1%下がって年0.8%となる。過去最低水準だ。同時に3月1日から定期預金金利も引き下げると発表した。預金金額や期間にかかわらず一律に年0.01%となる。
           みずほ銀行も住宅ローン金利の引き下げを正式に発表した。
           すでに金利を公表している三菱東京UFJ銀行を含む大手4行で、10年固定型の最優遇金利が0.8%で並ぶことになる。

          2016年3月1日(火) 日本経済新聞の記事より抜粋

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          本日の日経新聞の記事に掲載されておりましたが、また金利が下がりましたエクステンション
          2年程前には変動金利が0.875%だったことが信じられないですね汗

          不動産の購入を検討されている方にとっては非常に有利な状況になってきています手


          ご購入・ご売却を検討している方はウェーブハウスにご相談下さいエクステンション

          不動産売却王 岡山
          ウェーブハウス

          中古マンション価格首都圏、14ヵ月連続上昇

          2015.11.25 Wednesday

          0
            中古マンション価格首都圏、14ヵ月連続上昇

             不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)が24日発表した10月の首都圏中古マンションの売却希望価格(70平方メートル換算)は、前月比で14ヵ月連続で上昇し3197万円となった。上昇率は1.2%だ。前年同月比では12.3%高い。中でも都心部の伸びが顕著で、東京23区では4978万円と前年同月比で17%高い。
             都心部で値上がりが続いているため売り主が強気な価格を設定するようになっている。価格は上昇しているが、「新築と比べると割安感がある状況に変化はない」(住友不動産販売)ためだ。
             近畿圏(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)も前年同月比5.0%上昇、中部圏(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)は5.8%上がった。
             ただ在庫は増加基調だ。東京23区の10月の在庫数は前月比で9.8%増え、1万827戸だった、2年7ヵ月ぶりの高水準だ。「現在を売り時とみて保有物件を売却する人が増えている」(野村不動産アーバンネット)という。
             10月には横浜のマンション傾斜問題が明らかになった。成約状況に大きな変化はないが、購入意欲を冷やしたとの見方もある。

            2015年11月25日(水) 日本経済新聞の記事より抜粋
            ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

            新築マンションの資材等の高騰で販売価格が高いので中古マンションを検討したいということで弊社に来店される方も多くいらっしゃいます。
            現状、需要と供給のバランスを見ても、まだまだ売り主様にとって条件良く売却できる時期かと思います。
            記事にもありますが、在庫は増加基調だということでいくら売り手市場と言ってもあまりも相場からかけ離れた価格で売却活動を始めてしまうと、目的である『売却』が達成できない可能性があります。
            売ろうか、どうしようか迷われている方は、ウェーブハウスまでご相談
            くださいkyu

            太陽光発電所の売買仲介〜ウエストHD中古設備需要狙う〜

            2015.11.12 Thursday

            0

              太陽光発電所の売買仲介〜ウエストHD中古設備需要狙う〜

              太陽光発電システムのウエストホールディングス(HD)は太陽光発電所の中古設備と運営権の売買を仲介するオークションを始める。長期で安定的な運用を望む投資家に収支の試算ソフトを提供し取引しやすくする。2012年の電力の固定価格買い取り制度導入に伴う早期参入組には投資回収を考える事業者も出てきた。一方、新設より高い電力買い取り価格を求めて中古設備の需要は増えるとみて、仲介事業を軌道に載せる。

              オークション方式

              子会社のウエストエネルギーソリューション(広島市)が手掛ける。案件ごとにあらかじめ最低価格を付けた買い手が競り落とす。 契約が成立すれば、売り手と買い手双方から手数料を受け取る。手数料率は今後詰めるが成約価格の数%になる見通し。
              オークションは3ヶ月に1度実施し年間100件程度と扱いを目指す。同社は発電能力が1千キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を100ヵ所以上建設し一部運営している。実績をを基に長期保有した場合の収支試算ソフトを開発。固定買い取り期間の価格などから算出し、買い手が適正で購入するのを支援する。
              能力10キロワット以上の太陽光発電の固定価格は1キロワットあたり27円(税抜き) と12年7月の制度始時の40円から3割下がり、新設需要は減っている。
                ただ、中古設備の電力買い取り価格は当初の高めの設定が20年間変わらないうえ、発電実績に基づいた事業計画が立てやすい。一方で発電所の売却を望む事業者も出始めた。ウエストHDは一般企業などが高利回りは見込めなくても長期安定の資産運用の一手段としての購入を想定している。 同社は自社で保有するメガソーラー約50件を試験的に競売にかけたところ20件が成立。発電能力1千キロワットあたり3億円の価格がついたという。

              2015年11月12日(木) 日本経済新聞の記事より抜粋

              -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

              都市ガス 参入要件緩和 〜経産省方針既存会社と同等に〜

              2015.11.10 Tuesday

              0

                都市ガス 参入要件緩和 〜経産省方針既存会社と同等に〜

                 経済産業省は2017年春の都市ガスの全面自由化に併せて、新規参入の要件を緩和する。取引先ごとに高価な通信機器の設置を求める規制などをなくし、既存のガス会社と同じ条件で家庭や企業に販売できるようにする。異業種の参入を促し、ガス料金の引き下げにつなげる。
                 10日に開く総合資源エネルギー調査会(経産相の訪問機関)で方針を示す。17年までにガス事業法の省令を改正する。
                 都市ガス事業は1995年に自由化が始まり、今は使用量の多い企業に対し、新規参入し電力会社などもガスを販売できる。ただ、ガスの安定供給を確保する観点から、新規業者には1台300万円程度のガスの需要量を測る機器を取引先ごとに設置することや、導管に供給する量と需要量をほぼ一致させることを義務づけている。
                 機器のコストはガス料金に上乗せされるため、新規業者への切り替えが進みづらかった。経産省は一般家庭も含めて販売が全面自由化される17年春に、需給調整や通信機器の設置といった新規参入企業への義務をなくす。代わりに、ガスを送る導管を管理する会社が受給を適切に把握・修正する「ロードカーブ方式」を導入して、ガス供給が滞らないようにする。
                 新規業者への負担がなくなり、既存のガス会社と競争条件が同じになれば、参入する企業が増える効果が期待できる。既にガスを自前で持つ電力会社や石油元売りがガス販売に意欲を示しており、16年4月に全面自由化される電気とともに競争が激しくなりそうだ。

                2015年11月10日(火) 日本経済新聞の記事より抜粋
                ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                記事にもあるように料金に加算されるので新規業種からの参入が難しかったが、自由化になるのは来年の4月からひらめき

                TPPで色々な情勢が変わっていくので家庭にとってプラスになることも多く出てくると思いますき

                価格競争が起こればサービスでの差別化がでてくるかと思いますがこれからが楽しみですねkyu

                中古マンション売り時? 〜都心部、新築時より上昇も〜

                2015.09.05 Saturday

                0
                  中古マンション売り時? 〜都心部、新築時より上昇も〜



                  本日の日経新聞に売却希望の方にとっては胸躍る記事が出ていましたエクステンション


                  記事の中では主に収益物件(不動産投資)について書かれていましたが、居住用のお部屋も同じような傾向があります矢印上

                  地方の場合には、周辺の環境によって価格が大きく変わる場合があります。

                  岡山で一例をあげると、イオンモール岡山がオープンして以降周辺の桑田町、東島田町等は非常に注目され例年よりも高い価格で取引されましたひらめき

                  また、桃太郎大通り沿いのマンションは記事同様新築時よりも高い金額で取引されるケースもありますエクステンション

                  インターネット等で一括査定等もできるようになり便利になりましたが、地域に密着し、周辺の動向等も含めて当社ではお客様のご相談に乗っておりますエクステンション

                  企業の移転促進〜地方雇用・賃上げダブルで税優遇〜

                  2015.09.03 Thursday

                  0
                    企業の移転促進〜地方雇用・賃上げダブルで税優遇〜

                     政府は企業の地方移転を促す税制で、2016年度から賃上げした企業への優遇を拡充することを検討する。地方での雇用を増やして受ける税優遇に加えて、賃金を上げた場合の優遇措置も同時に受けられるようにする。地点を多くすることで、地方移転を増やし、政府が掲げる地方創生につなげる。
                     年末に与党がまとめる税制改正大網に盛り込むことを目指す。15年度に始まった「地方拠点強化税制」は、東京23区から本社機能などの一部を地方に移した場合に利用できる。
                     現行制度は投資減税として地方での事務所の取得額などの7%を法人税額から控除できる。さらに「雇用促進税制」として雇用者が増えると1人あたり最大80万円を税額から差し引ける。
                     16年度からは従業員の賃金を増やした企業向けの「所得拡大促進税制」も併せて利用できるようにする。これまで所得拡大促進税制は投資減税との併用は可能だったが、雇用促進税制とは併用できなかった。
                     所得拡大促進税制は従業員への給与支払いを一定額以上増やす条件を満たした企業に、給与増加額の10%を法人税から差し引ける。13年度は1万社が活用した。14年度以降も活用が広がっているとみられ、さらに後押しを狙う。

                    2015年9月3日(木) 日本経済新聞の記事より抜粋
                    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                    メディアでも注目された「ベア」に対する制度が拡充されるようですき
                    この賃上げをすることによって一般家庭の生活が豊かになれば、住宅ローンの金利も上がる可能性があります。
                    私たちの生活に直結している指標として短期プライムレートと呼ばれるものがありますが、この変動によって住宅ローンの変動金利が決まっているケースもあります。
                    ただ、賃上げをしただけではその分税金を取られてしまうと本末転倒になりかねません汗
                    それに対する対策として今後の動向に注目して行こうと思います矢印上

                    日本でリフォーム仲介 世界大手サイトの米ハウズ

                    2015.04.10 Friday

                    0

                      日本でリフォーム仲介 世界大手サイトの米ハウズ

                       住宅を改修した消費者と建築家など専門家を橋渡しするインターネットサイト運営会社、米ハウズ(カリフォルニア州)は9日、日本に進出すると発表した。同日、国内の工務店などを集めた日本語サイトを公開した。中古住宅を自分好みにするリノベーション(大規模改修)人気は国内でも高まってきており、世界規模の企業参入で市場拡大に弾みがつきそうだ。
                       ハウズは米国のほか欧州などでサービスを提供しており、専門家の登録数は70万件、サイト訪問者数は月間2500万人に上る。売上高は非公表だが、仲介サービスでは世界最大規模とみられる。
                       すでに日本法人のハウズ・ジャパン(東京・渋谷)を設立しており、日本語サイトには国内1000件の設計事務所やデザイナー、工務店などが登録した。閲覧、利用や専門家の登録は無料としており、ハウズ側は専門家向け有料サービスの利用料や広告料などで収益を得る仕組みだ。
                       同社のサイトでは掲示板を用意しており、リフォームに関する相談を書き込めばこれを見た消費者や業者から助言がもらえる。海外への窓口が開いているのも特徴で、英語版などを通じて海外の事業者、消費者と取引することもできる。
                       専門家は自由に登録できるが、消費者の評価を公開して悪質業者が淘汰されるようにする。日本の登録者は5年後に10万件以上になると見込んでおり、海外物件を含めた受注チャンスが地方の設計事務所などにも生まれるという。
                       消費者は写真や文章で書かれた施工例を基に、サイトを通じて直接依頼する。国内事業者の他、海外のデザイナーに発注することも可能だ。将来はインテリア用品なども扱う予定で、仲介件数は月間数百件規模に成長するとみている。
                       会見した最高経営責任者兼共同創業者のアディ・タタルコ氏は「これまでは中古住宅を改装したくても、どうやって改修すればいいか、誰に頼めばよいのかわからなかった。日本のリフォーム市場を変革する手助けになればいい」と述べた。
                       同様の改修サイトはディー・エヌ・エーが買収したiemo(東京・渋谷)や、タマホーム子会社のSuMiKa(東京・港)など日本勢も展開している。中古住宅の流通量が少ないこともあり、国内の改修仲介サービスは欧米に比べ普及が遅れていた。
                       ただ、割安な中古住宅を手に入れ思い通りのスタイルに改修する消費者は若い世代を中心に増えている。iemoは約800件の専門家が登録し、月間500万人の利用がある。

                      2015年4月10日(金)日本経済新聞の記事より抜粋
                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                      本日の新聞に気になる記事があったのでご紹介させていただきますひらめき
                      国家戦略として2020年を目途に中古流通市場・リフォーム市場規模を倍増させるという戦略がありますエクステンション
                      それに対しまだまだ、実情は程遠い状態です汗

                      そこに目をつけてハウズが日本へ進出し、中古流通及びリフォーム市場へ新たな刺激を与えることで政策がより現実的な話になってくると思うので
                      今後の動向についても注目して行こうと思います
                      き

                      地銀、老後資金融資に力 〜家を担保に「リバースモーゲージ」〜

                      2015.03.30 Monday

                      0

                        地銀、老後資金融資に力 〜家を担保に「リバースモーゲージ」〜

                         地域金融機関が相次ぎ「リバースモーゲージ」の取り扱いを始めている。自宅を担保に老後の資金を融資する。契約者が亡くなった際に自宅の売却代金で返済するのが一般的だ。地価の高い大都市部だけでなく地方でも注目を集めている。
                         新潟県が地盤の大光銀行は1月からリバースモーゲージローンの取り扱いを始めた。支店のある埼玉県など相対的に地価が高い関東だけでなく、新潟市などでの需要も見込む。借入れ限度額は300万円以上1億円以内。融資利率は年3.0〜3.5%が目安となる。
                         群馬県が地盤の藤和銀行も2月から始めた。両行とも関東北信越の銀行が共同で設立した信用保証会社「かんそうしん」(東京千代田)と組んで取り扱う。同社は高齢化で資金需要が増えるとみて、各行に取り扱いを呼びかけてきた。
                         地価が下落傾向にある地方では、担保設定が難しい。山口フィナンシャルグループ傘下の山口、もみじ、北九州銀行は、住宅金融支援機構の住宅融資保険を活用し、融資金額を1500万円以下とすることで貸出リスクを抑える。
                         関西では大阪シティ信用金庫と枚方信用金庫が取り扱いを始めた。大阪シティ信金は年金だけの生活が不安な高齢者の利用を見込み、3年間で100件、20億円の融資をめざす。枚方信金は余裕のある団塊世代が対象。地元では単身または夫婦だけの高齢者世帯数が
                        2割を超え、多くは一戸建ての持ち家に住む。子供が別居するケースが急増し、自宅を残す必要が薄れている背景もある。

                        2015年3月30日(月) 日本経済新聞の記事より抜粋。
                        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                        最近ニュースでよく目にする「リバースモーゲージ」ですが、都心部では活発に取り入れられているのは知っていたのですが、地方でも取り組みが多くみられるようになってきました。


                        担保評価等などから融資金額が決まるため、マンション等だとそれほど多くの借入れが見込めないと思っていたのですが、融資利率等が下がってきているため将来的には岡山でも一般的に取り組まれるようになればより有意義な生活が送れると思うので今後の動向に期待しようと思います。